お仏壇を洗濯or買い換え どちらがいい??


最近、お仏壇の洗濯やお買い替えを検討中のお客様から、
『いま祀っているお仏壇が、ずいぶん古く汚れてきたのですが、
洗濯するのと買い換えるのでは、どちらいいのですか??』
と、ご質問頂きます。

皆さんはどちらがいいと思いますか??

じつはこのご質問、最近はどちらがいいともお答えし難いのです。

一昔前でしたら
『お仏壇を拝見しないと分かりませんが、お洗濯できるよう出来るようであればお洗濯をお勧めします。』
とお答えしていました。

と言いますのも、ほとんどのお仏壇が国産で後にお洗濯をすることを前提に、
木地などしっかりした造りで仕上げられていますので、
お洗濯をしたほうがお財布的にも優しかったのと、正直買い換えるともったいない・・・

では、最近は??
と言いますと・・・

現在は中国などの海外で製造されたお値打ちなお仏壇もありますので、
お洗濯する金額で新品に買い換る事が出来たり、
お選びになるお仏壇によってはお洗濯する金額より安く買い換えることが出来ます。

それだけを聞くと、『買い換えた方がいいね。』と思ってしまいますね。
ところが、よく考えて頂きたい事があります。

当然の事ながら、海外産のお仏壇は徹底してコストダウンに努めて製造さています。

人件費の安い海外で製造しているのはもちろんの事、木地など製造に使用する材料や、
部位によっては金箔・金粉を使用せず金色塗料を使用したり、
後にお洗濯をして分解・組立てする事を前提としていませんので、
20~年程して汚れや痛みが出てき時にお買い替えをお勧めします。

一方国産のお仏壇は木地、塗り、箔と厳選の素材を用いて、
後に複数回のお洗濯が可能なように、きちりとした組み木工法で製造されていますので、
数代にわたり代々お祀り頂けるように造られています。

数十年前にお買い求めにならたお仏壇。
おじちゃん、おばあちゃんから受継いだお仏壇。
お洗濯が出来るのは、素材や技法にこだわった国産のお仏壇だからです。

『洗濯するのと買い換えるのでは、どちらいいのですか??』

お客様の考え方次第になってまいります。
国産と海外産のお仏壇の、長所と短所を納得して頂いてお選び頂ければと思います。

お仏壇のお洗濯の詳細は↓↓をご覧下さい。
https://kobo-miyabi.net/sentaku.html


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です