金仏壇が出来るまで-お仏壇の豆知識-


金仏壇が出来るまで
~お仏壇の豆知識~

仏壇製作工程 ~金仏壇が出来るまで・お仏壇の知識~


お仏壇製作の工程
には八職と称されれる職人がおり、それぞれの技術を集めて一つのお仏壇が作られます。

ぶつだん工房 雅では、『製作するお仏壇の立案から金箔押し~組立て』と言った最終工程までを担っております。

お仏壇製作の工程

お仏壇製造工程--木地 お仏壇製造工程 お仏壇製造工程--飾金具 お仏壇製造工程 お仏壇製造工程--塗

金仏壇の基となる型を造る事が木地造りです。

造る部位によって、木地師・荘厳師・彫刻師の職人がおり、熟練の技によってお仏壇の原型を造り上げます。

金仏壇を飾付ける金具の製造工程です。

出来上がった木地をもとに、型をとり、飾金具を造ります。

造る部位によって表金具師・内金具師の職人がおり、大小様々の特殊な『たがね』を用いて模様を刻み付けて行きます。

金仏壇の要となる工程で、木地師や荘厳師が製作した木地部分を塗上げます

長年に渡って積み重ねてきた職人の経験と勘により、下地塗り~中塗りの工程を幾度と無く繰り返し行い、上塗りして仕上ます。

お仏壇製造工程--蒔絵 お仏壇製造工程 お仏壇製造工程--金箔押し お仏壇製造工程 お仏壇製造工程--金具取付

漆塗りの工程後、塗り面に絵柄を描く工程です。

様々な技法を用いて描かれた蒔絵が、お仏壇を優雅に荘厳します。

名古屋仏壇には引出類、障子、後門板、御文書箱など、様々な部位に色々な絵柄の蒔絵が施されています。

漆塗りの工程後、十分に乾燥させた塗面に金箔を貼る工程です。

極薄い本金箔を、竹製の箸で正確に仏壇の各部分に張りつけて行きます。

『艶出し』『艶消し(重押し)』『半艶置』などの技法があり、熟練の技で仕上げていきます。

漆塗・金箔押しなどの工程後、金具師が仕上た飾金具を取付ける工程です。

金渡金・黒燻着色された鋲を用いて、 柱1本 細部にわたり、1000ヶ所以上もある所定の場所に正確に取り付けます。

お仏壇製造工程--組立 お仏壇製造工程 お仏壇製造工程--仕上がり

金仏壇の製造工程の最後を担っている工程です。

各職・各工程で仕上げられたものを全てを集め、不具合が無いか最終点検し、一本のお仏壇に組み上げます。

あらゆる部分が塗装され、金箔・金粉が施されている為、最後を飾る工程だけに、その取り扱いには最大限の注意と熟練の技が必要となります。

一つのお仏壇が出来上がるまでに、木地を製作し乾燥させてある場合で、最低でも3~6ヶ月。

木地を製作する段階からですと数年の歳月がかかります。

多くの職人によって、丹精込めて造り上げられたお仏壇は、何代にも渡ってお祀り頂ける仕上がりになっています。

当店のお仏壇がお値打ちなのには理由があります!!

それは当店が、一職人として製造に携わる、製造販売のお店だからです。

製造販売だから、外注による余計な経費を抑えることが出来、その分をお客様へ還元する事が出来るのです。

結果としてお仏壇がお値打ちに出来るのです。

また、一職人として各工程の職人さんと共に、直に仕事に携わりますので、お客様の細かなご要望にも迅速に対応する事が出来ます。

お気軽にご相談下さい。


お気軽にお問い合せください-仏壇・仏具の専門店『ぶつだん工房 雅』

お気軽にお問い合せください

お気軽にお問い合せください