金仏壇の種類-お仏壇の豆知識-


金仏壇の種類
~お仏壇の豆知識~

漆塗に金箔押して仕上る金仏壇

金仏壇は作られる産地によって外観に特徴があり、それぞれの地域で現在に至るまで受継がれて来ました。 また宗派によっても形や塗りに違いがあります。

ぶつだん工房 雅では、名古屋仏壇と言われる金仏壇を製造しております。

こちらでは宗派別にお仏壇の紹介をします。

浄土真宗大谷派(東本願寺・お東)

大谷派仏壇(お東用仏壇) ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~  大谷派仏壇(お東用仏壇) ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~

浄土真宗大谷派(東本願寺・お東)の宗派向けのお仏壇です。

金仏壇の中でも比較的、漆塗り面が多く落着きがあり、漆黒と金箔の色合が趣のある荘厳なお仏壇です。

柱、小柱が黒漆ぬりで、お屋根が巴瓦付で二重に備わっています。

須弥段は段板積みで黒塗り朱筋金具打ち、高欄は朱色でこちらも金具打ちが正式な仕様です。

浄土真宗本願寺派(西本願寺派・お西)

本願寺派仏壇(お西用仏壇) ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~  本願寺派仏壇(お西用仏壇) ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~

浄土真宗本願寺派(西本願寺派・お西)の宗派向けのお仏壇です。

金仏壇の中でも比較的、金箔面が多く絢爛豪華な荘厳なお仏壇です。

柱、小柱に金箔を押し、お屋根は巴瓦の無い一重の屋根張りを持ち、二重屋根はありません。

小柱の柱間に昇竜・降竜の彫物を入れます。

須弥段は段板積みで、高欄も金箔を押し全体的にきらびやかな造りになります。

浄土真宗高田派

高田派仏壇 ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~  高田派仏壇 ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~

浄土真宗高田派向けのお仏壇です。

全体の作りは『本願寺派』に似ており、一重のお屋根に巴瓦はありません

柱、小柱に金箔を押し、『本願寺派』と同じく柱間に昇竜、降竜の彫り物をします。

また、小柱に『沙綾形(さやがた)』と呼ばれる独特の彫りを施します。
正面中央のご本尊が安置されるところに唐戸を付け、本体の中柱にも昇竜、降竜の彫り物をするのが特徴です。

須弥段は段板積みで、高欄、柱、段廻りすべてに金箔を押します。

障子・雨戸の戸框まで金箔押し仕上にするのが、正式な使用になりますが、使用時の事を考え、障子部分は金箔の変わりに梨地塗仕上にする事が多くあります。

禅宗仏壇(余宗)

禅宗仏壇 ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~  禅宗仏壇 ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~  禅宗仏壇 ~金仏壇の種類・金仏壇の豆知識~

浄土真宗以外の宗派向けのお仏壇です。
曹洞宗、臨済宗、天台宗、浄土宗、日蓮宗、真言宗 など

巴瓦付の一重のお屋根又は、屋根張りを持たず全体が「桝組み」だけで仕上げられている作りになります。

須弥段は色々な型が用いられますが、蓮華彫が基本です。

本体部分についてはうねり欄間花頭障子が必要で高欄は金箔押し、又は溜色仕様です。


お気軽にお問い合せください-仏壇・仏具の専門店『ぶつだん工房 雅』

お気軽にお問い合せください

お気軽にお問い合せください